<未来食つぶつぶ講座32> ココナッツオイルって体に良いの? -①

①ココナッツオイルは常温で固体

7つの食習慣汚染についての連載の前に、気になるココナッツオイルブームについて先に書くことにしました。

 

食用油には大きく分けて2種類あります。
ひとつは、飽和脂肪酸が主成分の常温で固体の「脂」と書かれる油です。

 

もう一つは、不飽和脂肪酸が主成分の常温で液体の「油」と書かれる油です。

 

両方合わせて「油脂」と言います。

 

「脂」に分類される油の主流は肉や卵、牛乳に含まれる脂肪分です。

 

ココナッツオイルなどのヤシ油の仲間は植物油なのに、常温で固形の「脂」に分類される油なのです。

 

つぶつぶマザーの更田恵子(ふけたけいこ)さんの話では、熱帯の島から持ち帰ったココナッツオイルは固まってしまったので、違和感を感じた経験を話してく れました。

 

 

つぶつぶグランマゆみこ
つづく(1/3)

 

PS.

 

食や暮らしにまつわるお役立ち情報と
つぶつぶの最新ニュースをお届け!
つぶつぶメルマガ登録はこちら
↓ ↓ ↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UoEvIRnMug